土壌汚染調査を忘れずに|トラブルは未然に回避!

レディー

一生の買い物

工事

地盤改良が必要な場所について

土地を購入して住宅を建設する場合、その地盤について建物が建てられるほどしっかりしているかどうかを調べておく必要があります。間違えて軟弱地盤の上に住宅を建ててしまうと、高台の場合は、地盤が崩れてそのまま住宅が倒壊したり、平地であっても大きな地震が発生した場合は、地盤が緩いと住宅ごと倒壊してしまう可能性もあるからです。そこで、地盤改良が必要になります。地盤改良は土地が軟弱地盤の時に行います。地盤改良の方法は3種類あります。一つが表層改良工法というもので、軟弱地盤を人工的に固めた地盤と入れ替える方法です。二つ目は、柱状改良工法というもので穴を掘ってコンクリートを流し込みます。三つ目は鋼管杭工法というものです。鉄の杭を打ち込んで地盤を強化します。

地名から学ぶ地盤の質

土地は地盤改良をすることで建物を建てるに値する土地になりますが、それ以前に果たしてその地盤は軟弱地盤かそうでないかを調べなくてはなりません。いわゆる地盤調査を行う必要があるのです。ですが、その土地の地名を見るとおおよそその地盤が軟弱地盤か優良地盤かを判断することも可能になります。地名でも水に関する文字が付く地名は水害や津波に合いやすい可能性があります。例えば「川」が付く漢字を使っている地名は近くに川があり、過去には氾濫を繰り返した可能性があることから地盤は軟弱の可能性が高いのです。また、谷が付く地名は、かつてはその場所が谷になっていた可能性が高いのです。谷には水がたまる関係で地盤が軟弱な可能性があるのです。